トレーニングにおすすめのジムウェアの選び方は?

ac-fit 筋トレ

何か新しいことをはじめるとき、形から入る人も多いでしょう。やる気が出たり、はじめる区切りになるアイテム選び。ジムに通うと決めたら、まずはお気に入りのウェアを選びに買い物に行くのも楽しい時間ですね。

しかし中には「どんなウェアを選んだらよいのかわからない」「おしゃれすぎるのは恥ずかしい…」「ウェアが違うとトレーニングの効果は変わるの?」という疑問をお持ちの人もいるのではないでしょうか。

今回は、ジムに通うときの服装の選び方を中心に、おしゃれなウェアや無難なウェアを具体的にご紹介。ウェアと一緒に用意したいシューズ選びのポイントも見ていきます。

まずは動きやすさを重視して


一番重視したいのはやはり動きやすさでしょう。ウェアの素材に伸縮性のあるものを使っていれば、色々な方向に手足を動かすようなトレーニング中の動きを妨げません。

ひと昔前は、着心地を重視した綿素材が中心でしたが、最近では速乾性に優れたポリエステル素材でも快適な着心地に改良されています。また、触るとひんやりする生地を使用して体感温度を下げ、暑さを軽減してくれる機能的な素材もあります。

デザインによって、全体的にピチピチだったり丈が短すぎるウェア要注意です。着心地が気になってトレーニングに集中できない場合もあります。反対に、サイズが大きすぎると動くたびにバサバサすることもあります。これも動きやすさを妨げる要因になってしまいますね。

できればジャストサイズから、ワンサイズ大きめくらいの適切なサイズ選びを心がけましょう。

露出の高いものは控えよう

タンクトップや丈の短いパンツなどを選ぶ場合に気をつけたいのは、マシントレーニングの有無です。ジムの中でも特に筋トレマシンは、座面に座ったり体を固定するためにマシン自体に体を密着させる機会があります。色々な人の汗がついた部分に肌が直接触れるのに抵抗を感じる人も多いのではないでしょうか。もちろん、ジム内ではマシンに付いた汗を拭くことはエチケットではありますが、それでも気になる場合は肌が露出しているウェアは控えましょう。

短パンなら膝丈を選ぶ、タンクトップではなくTシャツを選ぶなど工夫をしてみてくださいね。

派手なウェアでテンションアップ!


せっかくジムに行くので、自分のテンションが上がるウェアを選ぶのもおすすめです。普段着では選ばないような派手な色、奇抜なデザインのウェアを着ても、そこまで違和感はありません。この機会に自分の個性をアピールしてみるのもよいですね。

ただし、派手なウェアはよくも悪くもジム内では目立ってしまいます。できれば少し慣れてきてから着た方が無難でしょう。完全個室のパーソナルトレーニングジムなら、他のお客様と会う機会はないので思い切り派手にしても大丈夫ですね。

シューズ選びもお忘れなく

ジムによってはレンタルシューズを用意しているところもありますが、ない場合には自分で用意する必要があります。

運動用のシューズであれば特に決まりはありませんが、まずは自分の足にフィットしているものを選びます。ランニングをメインで行うのか、トレーニングをメインにしているのかによっても選ぶシューズは変わってくるでしょう。また、ダンスなどのスタジオレッスンに参加する機会が多ければ、ダンス用のシューズが適していますね。

今度どのような使い方をするか決まっていなければ、ウォーキングやジョギング用シューズを選ぶとよいでしょう。本格的なランニングシューズを選んでしまうと、軽量でソールも薄いものが多いので注意が必要です。できれば、安定感があり、クッション性にすぐれたものを選ぶことをおすすめします。

シューズ選びはウェアと同じくらい大切な要素です。できれば、実際に試着ができることとお店の人に相談できるのがベストですね。

無難なコーディネートは?


「目立ちたくないけど、ダサいのは嫌だ」。そんなときに役立つ無難なコーディネート例をご紹介します。

トップスは伸縮性のあるTシャツ、ボトムスにはひざ丈のハーフパンツを合わせます。ハーフパンツのサイズが大きすぎるとバランスが崩れるので、ぴっちりしない程度のジャストサイズを選ぶとよいでしょう。また、ソックスの丈が長いと一気にダサく見えるので気を付けてください。カラーは、基本的にはベーシックな色を選び、ワンポイントで少し目立つ色を使えばバランスがとれます。

予算に余裕があれば、ウェア類もシューズも同じブランドで統一するとオシャレ度も上がります。ブランドのロゴがワンポイントで入っているだけで、スタイルは決まりやすくなりますね。

トレーニングウェアは一歩間違うと部屋着やパジャマに見えてしまうこともあります。上下ともに同じ色、かつ無地のウェアには気を付けましょう。

地方ごとのパーソナルジム情報はこちら=>

個別のパーソナルジム情報はこちら=>

まとめ

以上、ジムでのトレーナーウェアについてご紹介してきました。お気に入りのウェアを身につければ、それだけでトレーニングにも気合いが入りますね。いくつか用意しておけば、その日の気分で選ぶ楽しみも増えるでしょう。トレーニングの効果も左右する大切なトレーニングウェア。ぜひポイントを押さえて快適なトレーニングにしていきましょう。

コメント